カメラ散歩の写真・生活のキニナル人生雑記ブログ

マチュピチュ ペルー旅行の高山病予防対策

2019/06/10
 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ペルーはマチュピチュだけでなく、ミステリーな遺跡がいっぱいある国なので、今も人気の海外旅行先ですね。

ペルーの観光地は広大なアンデスの高地にあることが多いので、どうしても高山病を意識しないわけにはいかないと思います。

私がマチュピチュに旅行したとき、高山病にかかり感じたこと、思ったことをまとめてみます。

ぜひ参考にしてください。

マチュピチュで高山病になる?

結論からいうと、マチュピチュで高山病になるのではなく、その手前の経由地である、インカ帝国時代の首都クスコで高山病になる人が多いようです。

うえの写真がクスコです。

私は2度クスコを訪れてますが、2度とも高山病になりました。

高地があわない体質なのか、疲労が溜まっていたか、どっちかですね。

クスコは標高がマチュピチュよりも高く、3,400mあります。

一般的には2,800mを超えると、高山病の症状が出やすくなるといわれています。

マチュピチュの標高は2,400m。

なので、クスコで高山病になった場合、マチュピチュにきて元気になる人が多いと聞きました。

高山病はマチュピチュでなるのではなく、その玄関口であるクスコに到着したときから始まります。

クスコのホテルではロビーに、コカの葉とお湯とカップが用意されていて、いつでも飲んでいいようになっていました。

高山病予防対策のためです。

コカ茶をがぶがぶ飲んでいても高山病にかかる人はかかる。

かからない人はかからない。

この差はなに??

高山病はどんな人がかかりやすい?

高山病にかかりやすいのは、年齢とか性別とか関係ない茂田井です。

なので、どんな人がかかるから気をつけるように・・・なんて言えないんだそうです。

ただ言えることは、

・クスコについて早歩きで歩いていた。
・はしゃいで大声でしゃべったりしていた。
・前日ちゃんと睡眠をとっていない。
・疲労している。

こういうのはよくないです。

高山病になった私は、クスコでは空気が薄いし、ゆっくり歩け!大声でしゃべるな!と言われていたので、ここは気をつけてました。

でも残りのふたつの、睡眠と疲労。

これはあったと思います。

クスコに向かう前夜、リマの宿に預かってもらう荷物と持っていく荷物を分けたりしていたら、睡眠時間があまりとれませんでした。

それに加え、成田からの長いフライトでペルーにやってきた疲れも、自覚はしてなくても体は疲れていたみたいです。

なのでついて2時間くらいしてから、徐々に高山病の症状が出てきました。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© さんぽこむ , 2012 All Rights Reserved.