健康・生活・お金・保険のキニナルこと & カメラ散歩と旅の写真などきままに配信してます。

さんぽこむ

Lima(リマ) 南米ペルー カメラ散歩

クルス・デル・スル(CRUZ DEL SUR)のバスでリマへ戻る

更新日:

CRUZ DEL SURのバスは、VOLVO 2階建てバス

トルヒーヨに向かうときの前のバスの写真は夜の撮影だったので、車体デザインがよくわからなかったけど、今こうしてみると超カッコイイです!!

しかも、VOLVOのバスですよ~。

このまんま日本に持って帰って、日本の長距離バスと交換したいな~と思いました。(#^.^#)

それほど乗り心地が良かったんですよ!

トルヒーヨからこのバスで、所要約10時間の旅となります。

バスには一応トイレはついてますが・・・大きい方はダメなんですって!!(-"-)ウソダロ・・・。

世界のVOLVOなのに!!なんで!!・・・といくらでも突っ込みは入れたいが、ここはペルー。
「郷に入れば郷に従え」です。(・_・;)シカタナイ・・・。

しかも日本のようにサービスエリアに停車するとかもなく、この間に数か所の停留所(?)に停まるけれど、それは乗客が乗り降りするだけです。

とにかくトイレに行きたくならないように、気を配って乗りましたよ。

海外にくると日本のようにいかないことは多々ありますよね。。。

ペルーの長距離バス、トルヒーヨとリマは海岸線の道路をひた走ります。

これがものすごいスピードなんですよね。いったい何キロで走っているのかわかりませんけど。

トルヒーヨへ向かうときは夜便でしたが、街灯も交差点もない海岸線の一本道を、ただひたすらすごいスピードでゴーーーって走るのです。

果てしなく続く砂漠地帯・・・スピードすごくてピント合わせが大変。(-_-;)

なにもない砂漠地帯を、スピードあげてひた走ります。

なぜスピードをあげるのかというと、盗賊から襲われないようにスピードを落とさないのだと聞いたこともあります。

夜間走行なんて、まさにそうかもね。停まったら襲われるという話。

でも長距離バスの事故、ないわけではないです。

安全運転願い乗りました。

このルートは海岸線の道路だからまだいいのですが、山岳方面に向かうバスは、私はムリです。
場所によってはかなり崖っぷちぽい道路もあると聞きますので・・・怖いです。

ペルーは鉄道がないので、長距離バスか飛行機に乗るしかないのです。

 

 

 

 

アドセンス (PC)

アドセンス (PC)

-Lima(リマ), 南米ペルー カメラ散歩

Copyright© さんぽこむ , 2018 All Rights Reserved.