南米ペルー カメラ散歩 Trujillo(トルヒーヨ)

ワンチャコ(Huanchaco)海岸へ

2017/09/21

長距離バスに乗って、やっと到着のトルヒーヨ!

ワンチャコ海岸はサーフィンの世界大会で有名

ペルーでサーフィンの世界大会が開かれているって、知ってました?

私は知りませんでした。

サーフィンといったら、ハワイのノースショアかと思ってました。

ペルーというとアンデスとか、マチュピチュとかのイメージが強いので、海はあってもサーフィンのイメージなかったです。

いい波が来るそうなので、サーファーの間では有名とか。

でもワンチャコの海を眺めていると、確かにいい波が来てる感じです。素人でもなんとなくわかるかな。(^o^)

葦で造られたトトラ舟

Caballito de totora/カバジート・デ・トトラ

スペイン語では、こう書くようです。

カヤツリグサ科の植物トトラを束ね造ってあります。乗れるのは1~2人ですって。

huanchaco

写真を撮っていたら、親切なおじさんが(漁師さん?)トトラを一隻持ってきてくれました。

おじさんの身長は160cmくらいでしょうか。

4メートルくらいありそうですね。重さも200kgくらいあるとか!!

huanchaco1

親切なおじさんは、「こうやって乗るんだよ」とばかりに、トトラ舟に実際跨って見せてくれました。

おじさん、ありがとうございます。(*^^*)

huanchaco3

ここワンチャコの海は、昔から豊かな漁場なのだそうです。

ペルーのシーフードといえば有名な、あの「セビッチェ」の発祥の地でもあるとか。

太古のペルー。

インカ帝国よりもはるか大昔から、こうやって舟に乗り、漁をしてきたのでしょうね。

ワンチャコ海岸はリゾート地としても有名で、欧米人をたくさん見かけました。

日本人の場合は、ペルーではリゾートというより、やはりマチュピチュやナスカの地上絵、クスコ、チチカカ湖など遺跡に魅せられてしまうのでしょうね。

ペルーは、遺跡がたーくさんある国ですからね。

でも時間が許せるなら、リゾートしてみたいな~と思いました。

トルヒーヨにもし行かれたら、付近を散策してくださいね。

新鮮で美味しいシーフードレストランがたくさんありますから。
でもお腹を壊さないように!

 

 

 

 

 

-南米ペルー カメラ散歩, Trujillo(トルヒーヨ)
-, , ,